『ミステリという勿れ』 1話 菅田将暉の口調とクラッシックが心地いい!あらすじ ねたばれ

ドラマ『ミステリという勿れ』 1話 あらすじ ねたばれを紹介します!

[あらすじ]

大学生の久能整(菅田将暉)は、朝から自宅アパートでカレーを作っていた。

そこに、アパートの大家が大隣警察署の刑事、薮鑑造(遠藤憲一)と池本優人(尾上松也)を連れて現れる。
昨夜10時の行動を薮に問われた整は1人でカレーを作っていたと答えた。

すると、薮は付近の公園で寒河江健(藤枝喜輝)の遺体が発見されたことを整に伝え

警察署へ任意同行を求めた。

整は薮、そして青砥成昭(筒井道隆)の聴取を受ける。

公園で殺害された寒河江は整と同じ高校の出身で同じ大学に通っていた。

さらに、寒河江が殺害された時刻に整と争っているのを
見た目撃者もいる。そのため、整は容疑者となっていたのだ。

だが、薮たちの追求に整は淡々と無実を訴える。

目撃情報もはっきりと自分だと言えるのかと理屈を並べて返して行く。
夜になると、整は明日も取調べに応じるという条件で解放された。

刑事の風呂光聖子(伊藤沙莉)に預けていた携帯電話を返してもらいに行った整は

彼女がペットロスであることを
知る。

また、池本が間もなく父親になるという話も整の耳に入った。

翌日、整が警察署に行くと、薮から指紋を採るよう命じられた風呂光と池本が取調室にいる。

整は風呂光のペットロスを
言葉で癒し、池本にも間もなく出産を迎える妻への労りをアドバイスした。

薮はそんな整が犯人に違いないと青砥に告げる。

取調べ三日目、整は署内での立ち位置に悩む風呂光に希望を
与えた。

そこに藪が来て、寒河江を殺害した果物ナイフが見つかり、整の指紋が検出されたと伝える。

[ねたばれ]

親のすねをかじって生活している大学生・久能整(菅田将暉)は、友達も恋人もいませんが

そんな自分に満足していました。

久能は普段料理をしませんが、たまにカレーを作っています。

ある日、久能が自宅でカレーを作っていると

大隣警察署の薮鑑造(遠藤憲一)と池本優人(尾上松也)がやって来ました。

薮は、大学生・寒河江を殺した犯人として久能を疑っています。

何故なら、久能と寒河江が公園で言い争う姿を見た目撃者がいたからです。

公園で殺された寒河江は、久能と同じ大学に通っていました。

さらに、高校も同じで、高校3年の時には同じクラスだったのです。

しかし、久能は寒河江とは親しい間柄ではありませんでした。

久能は寒河江のことを「金持ちのボンボン。あまり近寄りたくないタイプ」と言い

目撃者が嘘を付いている可能性を指摘し、自宅に帰っていくのでした。

犯行を否認する久能と、久能を疑う薮。事情聴取は次の日も行われ

3日目には被害者・寒河江の血が付いた果物ナイフが見つかり

そのナイフには久能の指紋が付いていたのでした。

風呂光聖子(伊藤沙莉)は退職願を書いていました。

それを見た久能は、ペットが亡くなって落ち込んでいる風呂光に声をかけます。

風呂光は、自分を「いじられ役、マスコット、雑用係、数合わせ」と言い、
自分の存在意義を見出せないでいたのです。

久能はそんな風呂光に、「風呂光さんがいる理由は、悪事を働こうとするおじさん達を見張る位置」と言うのでした。

池本には妊娠中の奥さんがいましたが、
先日、その奥さんと喧嘩をしてしまいました。

家事は全て奥さんに任せきりで、池本がやるのはゴミ捨てだけです。

久能はそんな池本に、家中のごみを集めて分別し、さらにゴミ袋も用意するようアドバイスしました。
一方、薮の奥さんと子供は、3年前のひき逃げ事故で亡くなり

犯人はまだ捕まっていません。

薮は仕事を優先させ、家族の死に目に会う事が出来なかったのです。

青砥成昭(筒井道隆)の顔を見た久能は、
青砥が冤罪事件でやり玉に挙がっていた人物である事に気づきました。

青砥が捕まえた犯人は冤罪になりましたが、青砥は今でもその人物を犯人だと思っています。

「真実は一つ」と言う青砥に
対し、久能は「真実は人の数だけある」と言うのでした。

家宅捜索が始まり、久能のパソコンから寒河江宛ての借用書が見つかりました。

凶器のナイフと借用書は、久能が犯人であることを示唆しています。
しかし、青砥は、揃い過ぎている証拠に疑問を感じていたのでした。

事情聴取4日目、久能は自分の冤罪を晴らすため、風呂光に協力を頼みました。

1年前、久能は自宅の鍵を落としたことがあり、その時に
合鍵を作られたのではないかと考えます。

久能の鍵を拾い、合鍵を作ったのは薮でした。

薮は、自分の奥さんと子供をひき逃げした犯人が寒河江であることを突き止めます。

自分の罪を認めない寒河江を、
薮は久能の自宅から盗んだ果物ナイフで刺したのです。

しかし、本当の犯人は寒河江の先輩でした。

「奥さんの好きな花を、仏壇やお墓に飾ってあげてますか?お子さんが好きな食べ物を、供えてあげてますか?
そもそも、何が好きか知ってますか?復讐じゃなく、そういう所に時間を使いましたか?」

久能は泣き崩れる薮に、そう言うのでした。

それから1か月後、新たな事件が発生しました。

久能の家には池本と風呂光がいます。
池本は、新たに発生した事件について久能に意見を聞こうとします。

しかし、久能は展覧会に出かけてしまいました。

久能が急いで乗ったバスの中では、バスジャックが発生しています。
久能はバスジャックした犯人に「3時までには終わりますか?」と聞くのですが…。

 

以上、ドラマ『ミステリという勿れ』 1話 あらすじ ねたばれの紹介でした!