監察医 朝顔 最終話 本当の幸せとは・・・あらすじ ネタバレ

 

ドラマ「監察医 朝顔」第11話のあらすじ、ネタバレを紹介します!(^^)!

[あらすじ]

深夜、朝顔(上野樹里)の元に茶子(山口智子)から連絡が入る。

山梨県で発生した大規模な土砂災害に対し、興雲大学法医学教室に応援要請があったのだ。朝顔は、つぐみ(加藤柚凪)を
平(時任三郎)に任せ、法医学教室へと急いだ。

事故直前、現場には、桑原(風間俊介)と神崎(市川右團次)の姿があった。

反社会組織とつながり、違法な開発や投棄を行っている建設会社を
追っていた桑原たちは、情報提供者の現場監督・赤井(笠原秀幸)に会い、彼の案内で不法投棄の現場を見に行っていた。

朝顔は、茶子、光子(志田未来)、高橋(中尾明慶)、絵美(平岩紙)
とともに不測の事態も想定してさまざまな機材や書類を準備。法医学教室の解剖案件は藤堂(板尾創路)と熊田(田川隼嗣)に任せて現地へと向かった。

早朝、災害対策本部が置かれた市民センターに到着した朝顔たちを迎えたのは、離婚して山梨県警の検視官に復職していた伊東(三宅弘城)だった。

事故から一夜が明け、被害状況も徐々に明らかになっていた。土砂崩れによって下敷きになったのは、老人ホーム、建設現場のプレハブおよび社員寮、三棟の民家だという。しかし、
二次災害の危険があることから、死傷者の数はまだわかっていなかった。待機を指示された茶子は、その間に他大学の法医や地元の医師、警察・行政関係者らと連携し、遺体安置所の設営を進める。
ほどなく、そこに遺体が運び込まれてくるが……。

 

[ネタバレ]

桑原は1度土砂に埋まってしまったものの、なんとか無事だった。

翌日、朝顔は茶子、光子、高橋、絵美と共に現場に向かう。

災害対策本部が設置され、被災者の家族たちが詰めかける…。

遺体を確認したいと言う家族たち。

しかし身元がきちんと確認できるまでに会わせるわけにはいかない。東日本大震災も経験している茶子は、遺体を取り違える怖さを知っていた。

土砂災害は人災である可能性が出てきた。国江建設の現場監督・赤井は、土砂災害のできた山に不法投棄をしたせいで、土砂災害が起きたのではないかと言う。

不法廃棄物は鮫島組から請け負ったものだ…。

桑原、平達は、鮫島組と関わりのあった国江建設の白石の足取りを追うことに!翌日、土砂災害現場では新たに20人の遺体が見つかった。

朝顔はびらんのある遺体を見つける。そんな中、平から不法投棄のゴミのなかに濃硫酸と次亜塩素酸が混じっている可能性があると連絡が入る。

ご遺体は全て解剖されることになった。

朝顔が執刀を行う。やっと執刀ができた。その頃、東京で足取りの掴めなかった国江建設の白石が捕まる。
白石はすぐに自供。

思った通りで、廃棄物の中には濃硫酸と次亜塩素酸が混じっていた。残りのご遺体の解剖を引き受けてくれる場所も決まった…。

朝顔達の仕事は終わり。

そんな中で光子は、クラッシュシンドロームの症状が見られる被災者を発見。

クラッシュシンドロームとは長時間手足などが圧迫され続けてその後解放されることによって起こる病変である。
最悪の場合、急性腎盂炎を起こして死に至ることもある…。

その被災者から光子に、病院へ行って助かったと言う連絡が入った。

たくさんのご遺体を見てきた光子は号泣。

「ちゃんと病院に行ってくれて…助かったって…よかった…誰か1人だけでも」

帰宅した朝顔。桑原は土砂現場で遺体安置所を見たと言う。

「あそこに並んでたのは自分だったかもしれない。たまたま生き残っただけで、あっちにいても全然おかしくなかった。
そしたら朝顔にもつぐみにももう会えなかったんだなあって。生きててよかった。」と話す…。

朝顔は来週母の故郷で行われる灯籠流しに行きたいと言う。

そしてその日がやってきて、朝顔、平、桑原、つぐみ、家族揃って東北へ出向く。

母が死んだ地へ行けなかった朝顔。やっと一歩踏み出せた。

朝顔の祖父(柄本明)が出迎えてくれた。電話でしか話したこと大じいじと初めて会うつぐみ。

初のひ孫に大喜びの大じいじだったが、不意に里子(石田ひかり)のことを思い出してしまい…号泣。
里子がここにいる幻覚を見た大じいじ。

仏壇の前に座り、「どうして里子がここにいないんだ…どうして…」と大泣きをする。
号泣する義父を見て平は外に出る。

海を見ていた。朝顔は平を追いかけて寄り添う。「今、お母さんが…里子が…すぐそばに、すぐそばにいるような気がする」

「お母さん。そこにいるの?会いにきてくれたの?わたし夫の桑原くんと娘のつぐみとやっとやっと帰ってくれたよ。わたし、結婚して子どもも産んでお母さんになったよ。

お父さんとおじいちゃん。寂しがりやだから。ちゃんと見守っててね。心配しないで、みんなといるから。みんなと一緒にいるから、大丈夫だからね」母に話しかける朝顔。

その後、灯籠流しをする朝顔たち。そして帰宅…いつもの日常が始まる。これからつぐみのお遊戯会だ。出かける前に家族で写真を撮る4人。

 

以上、ドラマ「監察医 朝顔」第11話のあらすじ、ネタバレの紹介でした!

監察医 朝顔 1話 あらすじ ネタバレ ロケ地は?震災がテーマをどのように描くのか・・・

 
監察医 朝顔 2話 真夏なのに凍死の理由は?あらすじ ねたばれ

監察医 朝顔 3話 急遽変えられた台本には出演者全員の愛があった

監察医 朝顔4話 青酸カリの恐ろしさと朝顔の決意 あらすじ ねたばれ

監察医 朝顔 5話 親子の絆と朝顔が平さんと望むこと あらすじ ねたばれ

監察医 朝顔 6話 姉妹の悲しい嘘 あらすじ ねたばれ

監察医 朝顔 7話 震災後 母の肩身の手袋 あらすじ ねたばれ

監察医 朝顔 8話 原因不明の死&知り合いの死に朝顔はどのように立ち向かうのか?あらすじ ねたばれ

監察医 朝顔 9話 知り合いが殺人容疑に?朝顔が法医学として失格な日

監察医 朝顔 10話 朝顔のスピーチに感動!桑原の運命は?あらすじ ネタバレ

監察医 朝顔2 第1話 あらすじ・ネタバレ 忘れられない母の思い出

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です