レンアイ漫画家 3話 教師との禁断の愛 ミッション成功するのか?あらすじ・ネタバレ

ドラマ『レンアイ漫画家』3話あらすじ・ネタバレを紹介します!

[あらすじ]

刈部清一郎(鈴木亮平)は久遠あいこ(吉岡里帆)に課す新たなミッションを思いつく。

テーマは教師との“禁断の恋”。

清一郎はレン(岩田琉聖)の担任、大倉シンゴ(稲葉友)を対象に
しろと言うのだ。

向後達也(片岡愛之助)も乗り気で、あいこの話を聞こうともしない。

そんな時、レンが刈部邸に友達を連れて来たため騒動に。

あいこはミッションを断って家を後にする。
あいこが帰ると、住人たちが、アパートに倒壊の危険性があるため早急に立ち退かなければならなくなったと話している。

お金も仕事も家も無しに…。

あいこがカフェで愚痴っていると、
二階堂藤悟(眞栄田郷敦)が自宅の部屋が空いていると提案。

あいこはそれは出来ないと断るが、友人はみな頼れそうになく、頼れる家族もいない。

おまけに就職活動した会社からの不採用
通知も届いた。

翌日、あいこは再び清一郎を訪ね、前回のミッションも漫画の役に立っていると報酬を求める。だが、報酬は全て完遂したらという契約だったと言われてしまう。

すると、
あいこは、次は契約を“出会い”“デート成功”などミッション別にして、ミッション毎の報酬を提案。

断るのかと思いきや、清一郎はあっさり承諾した。

早速、清一郎は三者面談ミッションを
指示、教師との禁断の恋プロジェクトが始動する。

あいこは、向後のアドバイスでギャル風な出で立ちで三者面談に挑むことに。

大倉の優しさや誠実さに惹かれるあいこ。そんなおり大倉から食事に誘われ…。

[ネタバレ]

刈部清一郎(鈴木亮平)から、「禁断の恋」をテーマに、刈部レン(岩田琉聖)の担任・大倉シンゴ(稲葉友)を次なるターゲットに指定された久遠あいこ(吉岡里帆)。

あいこは難色を示すも、
向後達也(片岡愛之助)も乗り気で、あいこの話を聞こうともしません。

そんな折、レンが同級生の金條麻央(星乃あんな)ら数名を刈部邸に連れて来たため騒動に。

清一郎は、鬼の剣幕で追い返します。
あいこは、疲れ切っている清一郎に「ミッションは断ります」と告げて家を後にしたのでした。

あいこが帰ると、住人たちが、アパートがシロアリ被害で倒壊の危険性があるから、早急に立ち退かなければ
ならないと噂していました。

あいこは、行きつけのカフェで「お金も仕事も無い状況で、さらに住むところも無くすなんて…」と愚痴ります。

すると、カフェの店長であいこの良き相談相手である
二階堂藤悟(眞栄田郷敦)が、自宅の部屋が空いてるから一緒に住む?と提案。

あいこは、さすがにそれはできないと丁重に断りました。

けれど、頼れる友人や家族はなく、おまけに就職活動した会社からの不採用通知も届く始末。

そこで仕方なく、翌日、あいこは再び清一郎を訪ね、前回のミッションも漫画の役に立っているからと報酬を求めることに。

けれど清一郎から「報酬は全て完遂したらという契約だ」と言われてしまいます。

そこであいこは、次は契約を「出会い」「デート成功」などミッション別にして、ミッション毎の報酬を提案。

これを清一郎は断るのかと思いきや、あっさり承諾。さっそく清一郎は、三者面談をあいこに押し付けたのでした。

あいこは、向後の「大倉先生は元ヤンに違いない」という推測により、ギャル風な出で立ちで三者面談に挑むことに。

これが功を奏し、面談後、食事に誘われました。大倉には大学時代から付き合っている
彼女がおり、その彼女と今、上手くいっていないという。

その愚痴を聞きながら、あいこは恋愛相談に乗ってあげました。大倉と打ち解けることができたと清一郎に報告すると、次は「略奪愛せよ」との指令が。

人としてそれはできないと一度は断るも、その後、大倉から「会って話がしたい」との連絡があり、向こうが勝手に別れるのであれば問題ないだろうと、ミッションを引き受けることに。

大倉との待ち合わせ場所に行くと、そこには大倉の彼女・リサの姿もありました。

今回、あいこを呼び出したのは、あいこの助言のおかげで大倉の態度が改まったから、そのお礼を直接伝えたかったとのこと。

大倉からプロポーズを受けたリサは満面の笑みであいこに感謝を伝え、それをあいこは複雑な気持ちで受け止めたのでした。

げんなりしながら大倉についての報告に向かうと、清一郎が「救急車、救急車…」と
呟きながら慌てふためいていました。

レンがお腹を抱えて蹲っていたのです。

あいこは、急いでレンを担ぎ、病院へと連れて行きました。

幸い大したことはなく、点滴だけ打って帰れることに。
とはいっても、大事を取って、その日は、つきっきりでレンの看病をすることにしたあいこ。

疲れが溜まっていたせいか、レンの横で寝入ってしまいます。

すると、背後からやわらかな風が。

清一郎が、こっそりと
うちわで仰いでくれていたのです。

その優しい風に包まれながら、幸せそうな笑みを零すあいこでした。

アパートの退去日、結局、住むところが決まらないまま、家を出ることになり、途方にくれるあいこ。
すると清一郎がやってきて、ぶっきらぼうに同居を促しました。

向後はあいこの同居にいい顔をしませんでしたが、清一郎が言い出したことならばと受け入れ、同居にあたっての細かく決められたルールを読み上げます。

最後に、レンがひとつルールを追加したいと言い出しました。

それは「朝食は3人で一緒に食べる」というルール。

これまでレンは、忙しい清一郎と一緒に食事することが叶わず、孤食で寂しい思いをしていたのです。
あいこは、レンの提案を当然受け入れ、清一郎も渋々ながら受け入れたのでした。

 

以上、ドラマ『レンアイ漫画家』3話あらすじ・ネタバレの紹介でした!

動画はこちら→FODプレミアム

レンアイ漫画家 1話 ぶっきらぼうな鈴木亮平 恋愛ドラマに挑戦 あらすじ・ネタバレ

レンアイ漫画家 2話 銀河天使に号泣のあいこ ここから恋に発展か?!あらすじ・ネタバレ

レンアイ漫画家 3話 教師との禁断の愛 ミッション成功するのか?あらすじ・ネタバレ

レンアイ漫画家 4話 出会い系アプリで知り合ったセレブ男がクズすぎる発言・・・あらすじ・ネタバレ

レンアイ漫画家 キャスト、いつから放送?鈴木亮平が恋愛ドラマにはじめて挑む?!