知ってるワイフ 2話 あらすじ・ネタバレ 本当のみおはこうだったんじゃないのか?

ドラマ「知ってるワイフ」2話のあらすじ・ネタバレを紹介致します!

[あらすじ]

“人生は変えられる”。剣崎元春(大倉忠義)は謎の男、小池良治(生瀬勝久)からもらった平成22年(西暦2010年)の500円硬貨で、二度目のタイムワープを試みる

。 目覚めたのは、2010年
の江川沙也佳(瀧本美織)からコンサートデートに誘われた日だ。

記憶と同じく、元春は沙也佳とデートを約束。

大学から一度自分の家に戻り、デートに向けて準備を整えた元春はコンサート
会場へ向かうためバス停へ。

そこには高校生の建石澪(広瀬アリス)がいた。

バスに乗ると、澪は元春の記憶通り財布を落として降りてしまう。ためらう元春だが、財布を拾って交番に届けた。
コンサートホールに急ぐ元春が交番を出ると澪とすれ違う。

元春は澪と話すことはなく、そのまま沙也佳とのデートに向かった。コンサートの帰りに沙也佳から告白された時、元春の周囲が
突如光に包まれる。元春が目を覚ましたのは見知らぬ部屋。

しかし、隣で寝ているのは沙也佳だ。元春が時計を見ると、表示は西暦2020年。妻は澪から沙也佳に入れ替わり、住んでいる家は超豪華。

広い家に高価な家具、専用のゲームスペースに元春は大興奮。

「早く帰ってきてね」と優しい沙也佳に送り出され、高級車に乗って出勤する。元春は望んでいた結婚生活を手に入れた。

銀行に
出勤して同僚・津山千晴(松下洸平)と話した元春は、以前の人生では津山は結婚して双子の子供持ちだったが、今の人生では独身になっていることを聞き、周囲の人々が微妙に変化している
ことを知る。

そして元春も澪との間にいた子供たちもいなくなってしまい、涙を流して後悔する元春。しかし、今回の人生こそ幸せに生きると決意。そんな元春の前に、なんと同僚として澪が現れる。

独身であおい銀行に勤務する澪は、異動してきて元春と同じ支店で働くことに…。

[ネタバレ]

月が2つ現れた夜、剣崎元春(大倉忠義)は2010年へとタイムスリップしました。

あの日と同じ、ベッドの下の床には木田尚希(森田甘路)が眠り、妹の剣崎なぎさ(川栄李奈)が訪ねて来ました。

なぎさと尚希のやり取りを聞いてから、バイクの免許を取ると言う尚希を止める元春。

そして大学に向かうと、予定通り江川沙也佳(瀧本美織)が現れコンサートに誘われてチケットを渡されます。
前回はここで2020年に戻ってしまった元春はいつ飛ばされるのかと考えてしまいます。

コンサート当日。バス停で澪(広瀬アリス)に出会います。

お婆さんに笑顔で答える澪を見て「この笑顔に騙された。

澪とは絶対に関わっちゃいけない」と思う元春。

そしてやっぱり財布を忘れてバスを降りる澪。

元春は先回りして、派出所に財布を届け名前は教えない様に頼み帰ろうとします。すると、走ってやって来た
澪を見て「幸せにな」と思う元春。

コンサートに間に合わなくなると、走り出す元春は通り過ぎたタクシーを止めようと追いかけると、男性が先に止め乗り込もうとしていました。

その男性は津山千晴(松下洸平)。

この時はまだ知り合っていなかった2人ですが、元春は「借りは必ず返す」とタクシーに乗り行ってしまいました。

「何なんだよ」と驚く千晴。無事コンサートに間に合った元春。

コンサートが終わり歩いていると
「先輩といると落ち着く。先輩が好き」と頬にキスをする沙也佳。

そして2人はキスをすると辺りが変わり、2020年7月に戻ってしまいました

。全く知らない部屋で目が覚めた元春は隣で眠る沙也佳を見て驚きます。

広い家と自分専用のソファーにゲーム。

財布にはクレジットカードや現金がきちんと入っていて、クローゼットにはアイロンされたシャツがきちんと置かれていました。そして、朝食が出て来た事を喜ぶ元春に
沙也佳は誕生日だから早く帰って来てと言います。

元春はまたも遅刻をしてしまい、嘘の言い訳をしますが、皆んなはその言い訳は無理だと思います。しかし、課長の西徹也(マギー)は「それじゃあ仕方ない」と言います。

隣に座る千晴は「天下の西急グループの娘婿だからな」と小さい声で言います。元春が何気に「双子、元気か?」と聞くと「何の事?」と千晴。

その様子を見て、少し変わった事に気付いた元春は、ロッカーにある
スマホの待ち受けを見ます。

子供の待ち受けから沙也佳と2人の待ち受けに変わっているのを見た元春は泣き出しました。澪と出会わないと言う事は2人が存在しないと言う事。

暫くして「もう後戻りは出来ない。
俺はこの人生を選んだんだ。

この人生で幸せになる。澪のいない人生で幸せになるんだ」と固く決意し仕事に戻ります。元春が戻ると、新しく本社から移動になったと言う女性が紹介されていました。

それはなに?と澪。恐怖を覚えて座り込んでしまう元春に近付く澪。

元春は怖さで叫んでしまいました。

そして澪が「初めまして。建石澪です」と挨拶をします。

「何でここに居るんだ?俺は過去を変えたはずなのに。
あいつのいない人生を選んだはずなのに」と思う元春。

何が変わって何が変わっていないのかを考える元春は、とりあえず千晴に聞いてみます。

千晴に何故、結婚をしていないのかと聞く元春に困った様子の千晴。
過去に留学する彼女にプロポーズしようと空港に向かったけれど間に合わなかったと話し「あの時、あのタクシーに乗れていたらなぁ。

変な男にタクシー取られたんだよ」と言います。それが自分だと気付いた元春は
謝りますが、千晴は訳が分かりません。

尚希のお店に行くと「うちのちーちゃんが初めて喋りました」と嬉しそうな尚希。子供が居る事に驚く元春。そこに尚希の奥さんが帰って来ました。

それは何となぎさで、驚く元春は「何でこんな冴えないやつと」とショックを受けます。

自宅に帰ると豪華な誕生日のディナーが並べられていました。

「愛してる」とキスをする沙也佳。
幸せだと思う元春です。

翌朝。会社の通用口で、澪が何故現れたのかを考える元春は、もしかすると自分が過去を変えてしまった事を知って復讐をしに現れたのかと思います。

スマホの写真の沙也佳を見て
「綺麗な奥さんですね。私も早く結婚したかったな」と言う澪に「過去を変えた嫌味か?」と思ってしまう元春。本店から支店の窓口に移動は珍しいと元春が聞くと、「自分が希望を出して通ったのでラッキーでした」と言う澪。

「何かヤバイ」と元春は思い、同僚に電話を掛け異動が出来る様に頼みます。

仕事も良く出来る澪は社内では好印象。

すると皆んなが嫌がる客がやって来て澪が対応をする事に。お客は文句を言い出しますが、毅然とした
態度で対応する澪に社員達は更に好印象を抱きます。

自宅に戻った元春。沙也佳は買ってきた豪華な食事をお皿に盛り付けていると、元春は週末に自分の実家に行かないかと誘いますが、「約束は?週末は私の両親と
食事をする事、お正月は先に私の実家に行く事が結婚前の約束」と沙也佳は言います。

実家に帰るのを諦める元春。

元春が公園の前を歩いていると小池良治(生瀬勝久)を見かけ、声を掛けますが、小池は人生ゲームに夢中の様子。
「あなた以外で俺が人生変えた事を知ってる人はいますか?」と聞きますが、小池に話をそらされてしまいます。

銀行では澪のクレームがSNSで拡散されていると大変な事態になっていました。

あのクレーマーの自宅に
謝罪に向かった課長の小谷つかさ(猫背椿)と澪。

男性は暗証番号を復唱し申し訳ございませんでしたと言いながら直角に頭を下げろと澪に命じ、それは1時間も続きました。元春と千晴は心配し、休憩室に澪を見に行く事に。

後ろ姿を見て泣いていると思い千晴が声を掛けると、澪は食事をしていました。

気にしていない様子を見て千晴は「彼女メンタル最強だな」と言います。

異動願いを出したのは世田谷支店が近所だったから、澪は認知症の
母の為、異動を出し看病をしていたのでした。

澪はいつも同じ夢を見ます。誰かが「澪」と呼び、ギュッ抱きしめてくれる。

その人と結婚をする夢。「誰なの」と起き上がり呟くと母の建石久恵(片平なぎさ)が「運命の人よ」と言いました。
銀行にまたもクレーマーの男性がやって来ました。

酔っている様な男性は振り込みを頼みますが、窓口が混んでいる為、ATMを利用する様に言われ、またも怒り出しさっさと振り込めと札束を放り投げます。

澪が近付き皆んなが見ている前で頭を下げ「お手続きがすぐに出来ず申し訳ありませんでした。お客様のご意向に沿った謝罪、直角に頭を下げながら3回謝罪の言葉を申し上げるでしたよね」と繰り返し頭を下げる澪に、男性は
怒りながら「2度と来るか」と言い立ち去ります。皆んなは喜び打ち上げに向かいます。明るく笑う澪を見て「はしゃぎ過ぎだろ」と思う元春。カラオケで楽しそうに笑う澪を見て「そうやっていつも笑ってたな。出会った頃は」
と思いながら思い出す元春。元春が家庭教師をしていた頃。澪が彼女にしてと頼むと、彼女には出来ないと答えた元春。すると澪は「彼女に出来ないなら奥さんにして」と言いました。

そしてお酒を飲みながら「澪の本性は、本当の澪はどっちなんだ?」と考え始める元春。

「本当の澪は笑ってる澪?」高校生の澪。

夕日を見つめ微笑む澪の横顔を見て、元春は「澪」と声を掛けます。
すると澪は駆け寄り元春に抱きつき「もう一回呼んで。

ずっとそう呼んで。幸せな気分になった。

それと先生の彼女にして」と言う澪に、「タイプじゃない」と言う元春。そんな事を思い出しながら、眠ってしまっていました。

眠る元春に声を掛ける澪。

目を覚まし澪を見て「誰なんだ?」と呟く元春。澪と歩く元春。

皆んなを見つけ走り出す澪が道を渡ろうとした時、バイクがやって来ました。

危ないと思った元春は「澪」と叫びます。
その声にハッとする澪。

元春は澪の腕を掴み抱き締めます。

驚いた澪は「剣崎主任もしかして…」と言います。

以上、ドラマ「知ってるワイフ」2話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

知ってるワイフ みどころ、キャスト、いつから放送?過去からやり直す?

動画はこちら→

知ってるワイフ 1話 あらすじ・ネタバレ 広瀬アリスのワンオペの感情がわかりすぎると話題

知ってるワイフ 2話 あらすじ・ネタバレ 本当のみおはこうだったんじゃないのか?

知ってるワイフ 3話 いくら人生を変えても繋がりのある人間は変わらない あらすじ・ネタバレ

知ってるワイフ 4話 澪に好意をもっている津山役は誰?簡単なプロフィール その以外な才能とは?

知ってるワイフ 4話 同僚が澪をくどきに・・・全力で止めたい気持ちは嫉妬?!あらすじ・ネタバレ

知ってるワイフ 5話 覆水盆に返らず 後悔ばかりの大倉君 あらすじ・ネタバレ

知ってるワイフ 6話 澪は元春になんていったの?あらすじ・ネタバレ

知ってるワイフ 7話 さやかのしつこさが怖い 嫉妬にいでた行動とは?あらすじ・ネタバレ

知ってるワイフ 8話 止められない思い ついに告白?!あらすじ・ネタバレ