君と世界が終わる日に 2話 笹野さん早くない?本当の黒幕は誰?あらすじ・ネタバレ・考察

ドラマ『君と世界が終わる日に』2話あらすじ・ネタバレ・考察を紹介します!

[あらすじ]

来美(中条あやみ)が生きていることを確信し、交差点へと向かった響(竹内涼真)。

しかしそこには打ち捨てられた無人のバスと、バスを囲む化け物たちの死骸が…響たちは周囲に
散らばった薬莢から、来美が自衛隊に救助されたと推測。

近くにあった車の修理を試みる響を等々力(笠松将)たちが化け物から守る一方、本郷(大谷亮平)と甲本(マキタスポーツ)が
ガソリンを調達しに出発する。

そんな中、宇和島(笹野高史)はある恐ろしい異変を隠していた…。

その頃、隊員たちに囲まれた来美は不安な表情で自衛隊のトラックに揺られていた。

しかし次の瞬間、目の前に現れた化け物を轢いたトラックがコントロールを失い納屋に激突!

一緒に運ばれていた幼い兄弟の兄・勝利(田中奏生)の胸には衝撃で突き刺さった鉄筋が…

緊迫した空気の中、防護服の医師・ジアン(玄理)が筆頭となって現場での緊急手術が始まる。

研修医の来美は咄嗟に手術の助手に名乗り出るが、異例だらけの初めての実践に手が震え…。

さらに周囲には血の匂いに誘われて、次々と化け物たちが現れる。

一方、バスの修理を試みる響たちのもとにもなぜか次々と化け物たちが吸い寄せられていた。

誰かが噛まれ、血の匂いに
誘われているのではないかと疑心暗鬼が広がる中、等々力は宇和島の腕に化け物の噛み傷を発見する!

その時、化け物の大群が迫ってきて…。

響たちは避難場所を求めて近くの老人ホームへ。

しかしそこで新たな難題が響を待っていた。

感染した宇和島が化け物に変わる前に殺してしまおうと、等々力がナイフを向けたのだ!

咄嗟に止める響! 緊張が走る中、ミンジュン
(キム・ジェヒョン)が意外な情報を口にするのだが…。

熱にうなされる宇和島がいつ化け物に変貌してもおかしくない中、宇和島の命も全員の命も諦めることができない響。

等々力は、
「お前が責任取れよ」と、宇和島が化け物に変貌したら殺すようにナイフを渡す…。決断を迫られる中、太陽が翳り、ヤツらが獰猛になる“時”が迫っていた。

[ネタバレ]

間宮響(竹内涼真)は地図を確認し走り出します。

後をついて行くユン・ミンジュン(キム・ジュヒョン)。

そして小笠原来美(中条あやみ)が無線で伝えていた場所に到着します。バスが
止まっていて、その周りには沢山のゾンビが倒れています。

けれど、来美の姿はありません。

ミンジュンはバスに付いている旗のマーク「日韓新興感染症対策」と自分が持っている封筒の
マークが同じ事に気付きます。

遅れてやって来た本郷大樹(大谷亮平)は落ちている拳銃の弾を拾います。

その頃、来美は数名の人達と一緒に車に乗っていました。向かい合わせに座る
自衛隊の人達は銃を手にしていました。

本郷は落ちている弾が自衛隊のものだと気付き、響に彼女は自衛隊に救出されているだろうと言います。

皆んなに横須賀駐屯地に向かうと告げ、響は
乗り捨ててある車を直します。

宇和島雅臣(笹野高史)の様子がおかしい事に気付いた本郷は声を掛けます。「大丈夫です」と答える宇和島。

苦しそうにする宇和島に気付き甲本洋平
(マキタスポーツ)が「怒ってるでしょうね。昨夜の事」と言います。

ゾンビに襲われ宇和島を盾にした事を話していると、宇和島の手から血が流れていました。

それを見てしまった甲本に
「誰にも言うな。まだ分からん」と言う宇和島。

そこに本郷がやって来て、ガソリンを一緒に探しに来て欲しいと甲本に言って、2人はその場を離れました。来美が乗る車が突然現れたゾンビを
避け、建物に衝突してしまいます。

響は車のエンジンを掛けています。その姿を見つめながら宇和島はゾンビになった吾妻伸二(鈴之助)を思い出します。

響達の元にもゾンビ達が襲って来て、
やけに多いと皆んなは言います。「何かにおびき寄せられているみたいだ」と。

次々に襲って来るゾンビを倒し、等々力比呂(笠松将)が「誰か怪我してるんじゃないか?」と聞きますが、誰も答えません。

「まさか噛まれてるのか?だから黙っているのか?」と等々力が言うと、宇和島が倒れてしまいました。

血に気付き「あんたか。何で黙っていた」と等々力は言いますが、またもゾンビが現れ、
その場を一度離れる事に。

建物に入り響とミンジュンが見回りに向かうと、沢山のゾンビが閉じ込められ出れずにいました。

すると「止めてください」と三原紹子(安藤玉恵)の声が聞こえて来ました。

等々力が宇和島を縛り上げて言います。人によって時間の差はあるが、直ぐに対処しないと自分達が危険になると。

ミンジュンが「治るかも。俺の姉、日本で研究している。さっきのバスのマークと同じ」
と封筒を見せます。

ワクチンを研究していて、連れて行けば治るかもしれないと言います。

来美は怪我をしている少年を治療しています。少しでも助かるならその可能性に賭けるべきだと言う響に、
皆んなが危険に晒されると否定する等々力。

「人の命なんだよ」と言う響に、「じゃあお前が責任取れよ。あいつが化け物になったらお前が殺せ」と等々力は言いナイフを渡しました。

自分は
どうなるのかと不安になる宇和島に駐屯地に行けばワクチンがあるかもしれないと励ます響。

ガソリンを探しに行った本郷達はゾンビに襲われている自衛隊に遭遇。

そこは来美がいる場所でした。
昼間。太陽が陰り、閉じ込められているゾンビ達が唸り始めると、突然宇和島が叫び出しました。

暫く唸り眠ってしまった宇和島。

そこに皆んなが集まり、等々力が「もう限界だろう」と言うと、「まだ早い」と響。

「俺がやる。正しいのは俺だ。皆さんはどう思いますか?たった1人の命と、ここにいる全員の命。今すぐ楽にしてあげるのが優しさじゃないですか?」と等々力は聞きます。

皆んなは何も答えられず、等々力は響に責任を取る様に言いました。2人にしてくれと頼む響。

皆んなが出て行くと宇和島を縛っていたロープを外し、方法がある…ワクチンがあると言う響に
「嘘をつくな。役立たずだと思っているんだろう?私が何をした?教えてくれ。何でこんな事に。役に立たないなら人間じゃないのか?教えてくれ」と泣き出す宇和島。

そして自分は作家だったと
「世間でもそこそこ評価され、賞を取った事もある。生と死を沢山書き、人生を悟ったつもりでいた。でも今はそれは何の役にも立たない。怖い。死にたくないんだ。間宮君。生きたいと思う事は
我儘だろうか?」と宇和島は話しました。

自分の母親が重い病気だったと話す響は、「宇和島さんの命は宇和島さんのものです。誰かの為に差し出す物ではないんですよ。

目の前で誰か死んで行くのは
見たくない。だからあなたを助けたい」と言います。

閉じ込められているゾンビ達がドアを破り敷地内を走り出しました。一方、本郷達も次々に現れるゾンビに、キリがないと治療が終わるのを待っています。

響は宇和島を背負い走ります。

等々力達は地下の駐車場へ。そこに響がやって来ますが、背後にはゾンビ達が追い掛けて来ていました。ミンジュンが助けに向かいますが、宇和島がゾンビに捕まり倒れてしまいます。

「もうダメだ。君の方こそ逃げてくれ」と宇和島が言うと、「生きたくないんですか?」と響は言います。「間宮君。君はどこまでバカなんだ。早く行け」と響を突き飛ばし、ミンジュンと等々力が響を
連れて行こうとします。そして宇和島は自らフェンスを閉め鍵を掛けます。

「最後ぐらい役に立たせてくれ」と言う宇和島。「ダメだ」と叫ぶ響。

そして宇和島は沢山のゾンビに向けて手を広げます。

次々に襲われ食われて行く宇和島を見て涙を流す柊木佳奈恵(飯豊まりえ)と紹子。

言葉なく歩く響達。佳奈恵が「間宮さんがした事は正しくはなかったかもしれません。

でも正しい方を選んでいたら
皆んな一生後悔する事になっていた。これで良かったんだと思います」と言いました。

来美は無事少年の治療が終わり、少女に「お兄ちゃん頑張ったよ」と声を掛けます。

同行していた医師に頭を下げる来美。
するとゾンビが、どこかから現れ少女の足を掴みます。

助けようとする来美を襲うゾンビ。

本郷がその場に向かい銃を構えますが、来美は近くにあったメスでゾンビの頭を刺し呆然としています。
そして来美を見た本郷はもしかすると響の?と思います。

来未達は安全な施設に到着。

首藤公貴(滝藤賢一)が出迎え、検査を受け陰性ならば封鎖区域の外にお連れしますと説明をしました。
来美は首藤に「探してもらいたい人がいるんです」と頼みますが、止められてしまいます。本郷が皆んなの元に戻ります。佳奈恵が1人でいる響の元に向かうと響はトランシーバーで来美に話し掛けています。

返事はなく「聞こえる?今春海交差点にいる。来美は?駐屯地に向かったんだよな?」と。同じ頃、来美も返事のないトランシーバーに「響、聞こえる?今横須賀駐屯地にいます」と話し掛けます。
「大丈夫か?無理してない?来美はいつも強がるから」と響。

「響が心配。無茶ばっかするから」と来美。同じ夕日を見ながら2人はあの日の事を思い出します。「約束したよね。この手で沢山の人を救うって」と
言いながら、ゾンビを刺してしまった手を見ながら来美は言います。

「響、今どこにいるの?会いたいよ」と言う来美に、「恋人ですか?」と声を掛ける首藤。そして「私にも妻がいます。

もし同じ立場なら
心配で堪らなかったと思います」と言い、こちらに向かう一行の無線を確認した事を知らせ「あなたの大事な人だと良いですね」と言いました。

「彼は間宮響と言う人です。よろしくお願いします」と頼む来美に、
「分かりました」と首藤は答えました。本郷が響に「君の彼女、医者だって言ってたな?もしかしてさっき…いや、着いたら分かる」と言って駐屯地に向かいます。

首藤は妻の写真を見て何かを思っている様子。
そして駐屯地の近くに到着し、本郷は無線で救助を要請します。

手を振り歩き始める本郷。すると銃声が聞こえ、本郷は血を流し倒れてしまいます。

[考察]

第2話では今まで行動を共にしていた宇和島雅臣(笹野高史)がもう助からないと自らを犠牲にし、響たちをフェンスの向こう側へと逃がしました。

1話で実際にゾンビに噛まれる描写もあったことから、「ゾンビウィルス」に
感染していたことは間違いないと思われます。

しかし、ここで気になるのが、宇和島が「ワクチンの存在を否定していた」ことが引っかかります。

にも拘わらずなぜ噛まれたことを隠し通そうとしたのか…もしかしたら
助かるかもしれない、助かる方法を知っていたのでは?と考察できます。

もし、宇和島が助かる方法を知っていたと仮定するなら、ゾンビに襲われたのもフェイクで実は生きていると、捉えることもできます。

また、フェンスに届かず途中で襲われているのならまだわかりますが、フェンスにたどり着き中に入ろうと思えば入れたのを自らで閉めるという行動…。ここもひっかかります。

そして、2話最後で駐屯地にやっとの思いで
たどり着いたのに本郷大樹(大谷亮平)は銃で撃たれ倒れてしまいます。

駐屯地では「こちらに向かっている」と首藤公貴(滝藤賢一)も周知していたため誤射というのは考えにくいです。

であれば何者かがあらかじめ
嘘の情報を流し、撃つようにしむけたと考えるのが自然です。

ではそれを流した人物はだれか?それこそゾンビに喰われて絶命したはずの宇和島です。

まだ宇和島と響たちの関係性は明らかになってませんが、実は
警察か響たちの誰かに深い恨みを持っていて、この状況を利用して復讐を企んでいたのかもしれません。

それからもう1つ、全く別の考察にはなりますが、発砲の命令を出したのは首藤という可能性。

檻の中にいる
小笠原来美(中条あやみ)に「こちらに向かっている一行の無線を確認した」と告げていたときの首藤の迷いのような動作…。

普通であれば響たちも向かい入れ検査を受けて…となるはずですが、あの会話からでは
何か違和感を見て感じました。

ひょっとすると首藤の妻はゾンビに殺されて大切な人を失う辛さを味合わせたいとでも思ったのでしょうか。

また1話の考察では首藤と来美が周知の中で、黒幕は来美ではないかと考察
しましたが、来美は首藤の事を知ってるようには見えませんでした。

しかし、首藤は来美の事を実は全て知っていた…そう考えると響のバイク事故や来美のありえない脱出劇も首藤が仕組んだものと考えれば
あり得ない話ではなくなります。

3話ではまた新たな展開になっていきそうなので、首藤の本性などが少しずつでてくるかもしれません。

以上、ドラマ『君と世界が終わる日に』2話あらすじ・ネタバレ・考察の紹介でした!

動画はこちら→

君と世界が終わる日に みどころ、キャスト、いつから放送?テセウスを超えるドラマと話題?

君と世界が終わる日に 1話 あらすじ・ネタバレ くるみはなぜ助かったの?遠藤賢一は何者?考察してみました。

君と世界が終わる日に 2話 笹野さん早くない?本当の黒幕は誰?あらすじ・ネタバレ・考察